4人目出産のこと(覚え書き)
6月19日、AM5:50・・・前夜からお腹が頻繁に張って何度も目が覚めてしまった。
まだ起きるにはちょこっと早いけど、トイレに行きたくなって起きた。





トイレに行くと、まさしくおしるし!!ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!
そういえば、さっきからお腹がキューっと張ってるな~と気がつき、時計を見ながら間隔を測ったら、5分間隔で張ってる!
アレ~?!これは陣痛なのかしら??でも、全然痛くないし、また前駆陣痛かもしれないと思い、とりあえず朝食の支度をして様子をみてみる。

一応、旦那と立ち会い希望のお姉に話をした。
「多分陣痛だと思うけど、痛くないし、もしかしたら産院行っても帰されるかもしれないけどどうする?」
すると、2人ともとりあえず産院へ行くというので、お兄に連絡帳を持って行ってもらい、お姉は学校を休んで一緒に行くことに。

AM7:00少し痛みが伴うようになってきて、やっぱり陣痛だ~と思い、シャワーを浴び、洗濯物を干し、産院へ連絡を入れた。

私  「陣痛だと思うんですけど、それほど痛くないんです。」

産院 「そうですか~でものんびりしないで早めに来てくださいね」

と、言うことで9時頃産院へ到着するとなんだか待合が一杯!?
いつも朝イチならガラガラに空いてるのにな~??

とりあえず診察を受け、4センチくらい開いてるとのこと
「ちょっと我慢してね」って言われて、グリグリグリ~~~!!っと・・・
あまりの痛さに声が出そうだった(;^_^A アセアセ・・・

この痛み、人工破水させられたようです。
内診台降りたらジャバジャバと・・・
そのまま陣痛室に連れて行かれ、1時間ほど様子をみて、促進剤を勧められた。
痛みは強くなってきていたものの、まだまだ微弱陣痛だったんです。

実は、1人目の時に促進剤を使ったら急激に激痛に襲われ、3時間くらい頑張って耐えました。
でも、あまりの激痛に体がついてゆけず、ちょっと難産だったんですよ。
(吸引してもダメで、お腹をグイグイ押されて出産しました)

その恐怖感があるのでためらっていたのですが、この調子だと夕方か夜になるかもって言われ、長時間耐えられるか自信がなかったので、ゆっくり点滴を入れてもらい促進剤をつかいました。

30分もしないうちに痛みが増し、間隔も短くなったので、早めに分娩室に移動。
準備をしているうちにいきみたくなり、いよいよ先生登場。
旦那とお姉は、私の頭のほうで応援してくれたのですが、いきんでもいきんでも出てきてくれない!?
意識もうろうになりながら渾身の力で頑張りました。

結局お腹も押されながら、11時23分、おチビチビ誕生!
お腹の上に乗せられ、「お疲れ様~頑張ったね~!」と握手。

先生が「お姉ちゃんも握手してあげて。」と言って、お姉も「はじめまして」の握手をした。

このときのおチビチビの重さ・・・
今までになく重くって、あ~お姉の記録(3724g)を超えたな~って確信しました。
で、予想的中の3978g!もあるビッグな男の子でした(笑)

多分、大きな子で大変な出産になるだろうと予想されていたんでしょう。出産時、分娩室には5~6人の助産士さんに囲まれ、万全の体制がとられていたようです。促進剤を勧められたのも、人手が沢山ある昼間のうちに・・・ということもあったかもしれません。

とにかく無事に出産できて本当に良かった。
お姉に「命の誕生」を一緒に見守るという体験をさせてもらったことを本当に感謝しています。
このあと、立ち合った感想を聞いたら、
「感動した。早く赤ちゃんを産んでみたくなった」と言っていました。
あんまり早くても困っちゃうけど(;^_^A アセアセ・・・

おかげで良く面倒を見てくれて、すっかりチビママになついてる様子のおチビチビ。
そのうち、ちび太とおチビチビとの間でお姉の取り合いバトルが起こるのでは?と心配しています。

と~っても長い文章になってしまい、スミマセン!!ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ
長々と読んでくださってありがとうございました。
[PR]
by soleil-mina | 2008-09-15 11:52 | 妊婦生活
<< フェリシモ風抱っこひも その2 お姉用抱っこひも >>